釣るには厄介やけど、美味しさは折り紙付きのカワハギ!

カワハギは釣って楽しく喜ばれる魚NO1かも?

博多湾の湾奥でカワハギが沸く年は全く決まっていませんし、全く予想がつきません。^^;

 

 

カワハギが直近で博多湾の湾奥全域に沸いたのは、2015年の秋だったと記憶しています。

 

 

 

 

箱崎埠頭や中央埠頭、須崎埠頭でもカワハギ狙いの方がかなりおられました。

 

 

 

 

カワハギが沸いた年は、同じような条件を好むのでしょうか、サンバソウが沸いた釣り場もありました。

 

 

ですが、翌年からは音信不通

 

 

2016年も、2017年も湾奥で、カワハギは沸きませんでした。(涙)

 

 

 

多くの釣り人のハリに仲間が犠牲となり、危険を察知して近づかなくなったのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

カワハギを釣るのは難しいのか?

 

 

カワハギの口は実に小さく、水中であらゆる角度で静止してエサを齧れる特性がありますから、これを釣るのはなかなか手強い魚であるとも言えます。

 

 

アワセのタイミングもかなり重要ですが、一番大切なのが釣りバリの選択です。

 

 

これを誤ると、いかな名人と言えどもなかなかカワハギをゲットできません。^^;

 

 


通常の小物釣りで使うようなハリは通用しません。

 

 

私がいろいろと試した結果、ハリス付きの下記のハリがカワハギ釣りには向いています。

 

・海タナゴ6号
・カワハギ4号

 

この2種類のハリが鉄板ですが、売っていない釣具屋さんもあります。^^;

 

 

ハリスは1.5号だと長持ちしますし、チヌなどの不意の大物にも対処できます。

 

 

ガン玉はハリスの上に6Bを付けるぐらいがちょうど良いと思いますが、もっと大きくても構いません。

 

 

アワセのタイミングですが、チヌの落とし込みの竿など穂先が柔らかい竿ですと、カワハギがエサを突いているのが分かりますが、それが止まった瞬間がアワセ時なんです。

 

 

なので、数を釣ろうと思えばエサを長くする必要はありません。

 

 

だからと言って短すぎるのもカワハギが寄ってきません。

 

 

エサのたらしは1センチから1・5センチぐらいとセコく付けるのもポイントです。

 

 

エサなんですが、アオムシで構いませんが、いちいちエサを買いに釣具屋さんに行くのが面倒な方はコチラでもOK!です。

 

 

これを2〜3袋買いだめしておくと、いつでも釣り場に直行できます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

マル秘!博多湾でカワハギを狙う一級ポイント

 

 

カワハギの釣り方が分かっても、肝心のカワハギがいなけりゃ、何の役にも立ちません。

 

 

ですが、他の博多湾の湾奥にもカワハギが沸いていないときでも、ここで秋口にカワハギが釣れることが多々あります。

 

 

このページをご覧下った方にだけ、内緒で教えます

 

 

場所はここです。

 

 

ここで上げの5分ぐらいから下げの5分ぐらいを狙ってみてください。

 

 

このポイントは私が20年以上も前の須崎埠頭の東側が立ち入り禁止になる前から密かにカワハギを隠すように釣っていたポイントです。

 

 

ここにいなけりゃ、博多湾内では能古島ぐらいでしかカワハギにはお目に掛かれません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

カワハギを食べればカワハギを釣りたくなる!

 

 

カワハギの旨さは折り紙付きと言っても過言ではありません。

 

 

釣りたてのカワハギを食べますと、必ずまた釣りに行きたくなる魚です。^^;

 

 

しかも、それほど大きくなくても家人に喜ばれます。

 

 

喜ばれる理由としては、いろいろありますが、私なりに列記してみました。

 

・ウロコがなくて、捌くのが簡単!
・小骨がほとんどなくて、身離れが良く食べやすい!
・刺身がとにかく旨い!
・肝が最高に旨い!
・お煮つけ、鍋物、みそ汁、フライと何でも旨い!

 

 

大物でもチヌやスズキはクセがあり、美味しく食べるにはかなりの調理の技術と知識が必要ですが、カワハギはそのようなものは不要です。^^;

 

 

新鮮なカワハギであれば、どんな料理にしても、腕がなくても美味しいのです。

 

 


カワハギの刺身を肝醤油で食べると、釣りをしていて良かった〜!!と思うはずです。

 

 

私は過去に九十九島で船から40センチ近い本カワハギを釣ったこともありますが、湾奥で手のひらサイズのカワハギを10匹釣れればしめたものです!

 

 

美味しい魚を食べたい!!という方は、是非ともカワハギを狙ってみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮