宝くじに当るよりも釣れる確率が少ないアイナメ

アイナメは博多湾では絶滅危惧種?

ここ十年の間に博多湾専門で釣りをしている方の中にはアイナメを釣ったことがない!!などという嘆かわしくも悲しい話を聞かされたことがあります。

 

 

 

そう言われてみると、なるほど・・・そうかもしれんな〜!とも思うのです。

 

 

かっては博多湾内にアイナメはウジャウジャ・・とまではいかなくても、投げ釣りはもちろん、埠頭の際にエサを付けて海底に落としておくだけで簡単に釣れた魚であり、あんまり有難みを感じない魚だったのです。^^;
(薄くなって有り難さを感じる髪の毛みたいなかんじです)

 

 

 

それほど、ごく普通にありふれた魚でした。

 

 

当時よく釣れていたアイナメは25センチ前後が多かったのですが、投げ釣りや際の探り釣りでは40センチを超えるアイナメもそれほど珍しい存在でもなかったのです。

 

 

 

30センチクラスであれば、箱崎埠頭や須崎埠頭からのカレイ釣りの外道としては珍しくもなんともない魚でした。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

人工島の埋め立て工事で激減した?

 

 

アイナメとカレイは人工島の埋め立てが始まった頃から激減して、博多湾の湾奥では絶滅危惧種と揶揄されるほどレアな存在になりました。

 

 

人工島の埋め立てが直接的な原因で激減したのかどうかについては疑問があります。

 

 

 

確かに博多湾内で釣れなくなったのは人工島の埋め立てが始まった頃からですので、私もその頃は埋め立てのせいで博多湾の環境が激変して少なくなったものとばかり思っていました。

 

 

ところが、釣れなくなったのは博多湾内だけではなかったのです。

 

 

残念なことに、博多湾以外の糸島方面や新宮漁港、奈多漁港や宗像方面でもすっかり釣れなくなっていて、有名だった関門海峡の船釣りですら、ほとんど釣れないことの方が多くなっています。

 

 

地球温暖化のせいなのか?どうかも分りません。

 

 

九州だけではなく、西日本一帯で激減したとの話も聞きます。

 

 

数は激減したが、絶滅ではない!

 

 

いつどこでと言うにはデーターが少なすぎて詳しくは説明できませんが、稀にアイナメのコロニーに出くわすことがあります。

 

 

 

狙ったわけではないのに次々に釣れることが稀にあるんです。^^;

 

 

アイナメのアタリは鮮明で、竿先をマシンガンのように小突きます。

 

 

ハリに掛かってからもクビをフリフリするために、引き味もなかなか素晴らしく釣り応えもあります。

 

 

釣ると活かしておいてもすぐに死んで変色するのがタマにキズですが、新鮮なものは刺身シャブ鍋にしてもバリウマな魚です。

 

 

お煮つけが大好き!!と言う方も多いのです。

 

 

アイナメの釣り方

 

 

博多湾でアイナメを釣るにはカレイを釣るように市販の投げ釣り仕掛けにアオムシを付けて投げ釣りをするのが一般的です。

 

 

 

 

 

前述しましたが、埠頭の壁際にエサの付いた仕掛けを落とし込んで、竿先にスズをつければアタリが分かるという様な置き竿釣法は今ではほとんど通用しなくなりました。(涙)

 

 

本格的に狙う時は短めの竿で埠頭の際を脈釣り(落とし込み釣り)するのが確実ですが、それもアイナメがいれば・・・のお話です。

 

 

今では狙って釣れる魚ではなくなりました。(涙)

 

 

数が激減しているので、釣れれば本当にラッキーです。

 

 

「エサはイワイソメ(岩ムシ)じゃないと釣りを諦めたほうが良い!」などと大げさなことが書かれている本を読んだことがありますが、アオムシ(アオイソメ)でも十分釣れます。

 

 

大型のアイナメは岩ガニモエビでも釣れることがあります。

 

 

35センチオーバーのアイナメの胃袋の中には岩ガニに混じって小型のハゼの仲間などが入っていることがあります。

 

 

私もこれまで一度だけラパラのCD9センチのシンキングミノーでアイナメが釣れたことがあるんですが、大型のアイナメは小魚も食べるんです。

 

 

博多湾では向いていないブラクリ仕掛け

 

 

ものの本にはアイナメ釣りといえばブラクリ仕掛けが良いと書かれていますが、30年ほど前のアイナメがお手軽に釣れた時期でも一番釣れない仕掛けがブラクリ仕掛けでした。

 

 

何を根拠にこんなアホなことを言う方がいるのか不思議でなりませんでした。

 

 

こんなアホな仕掛けを使うぐらいでしたら、ハリスに丸オモリを通して、爪楊枝でハリ上3〜5センチぐらいのところに止めた仕掛けのほうが圧倒的に釣れた記憶があります。

 

 

初心者がブラクリオモリを使ってボウズになるようなことは多々あったのです。^^;

 

 

本に書いてあることを鵜呑みにしてはいけない典型的な例です

 

 

ハリスとオモリの位置が近すぎますし、ハリスもフロロやナイロンでもない仕掛けで釣れるアイナメは、よほどスレていない場所でしか通用しない気がします。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮