かねふく工場・直売店裏の護岸へのルート

かねふく工場・直売店裏の護岸へのルート

箱崎漁港の出入り口で釣りをしていますと、対岸の明太子のかねふくの工場・直売店の裏でごく稀に竿を出している釣り人を見かけます。

 

アソコには、どう行ったらいいのだろう?と、思う方もおられるはずです。

 

 

対岸で釣りをしている方はほとんどいませんから、超穴場かも?と思うことは、近場釣り師の嗅覚というか習性みたいなものです。^^;

 

 

実際に明太子のかねふくの工場・直売店の横にお客様専用の駐車場もありますが、そこに車を止めて釣りをすることは、たとえかねふくさんで、めんたいこを買ったにせよ問題ありですので、迂回ルートを探してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

明太子のかねふくの工場・直売店裏の護岸に行くルート

 


箱崎漁港の造船所の脇にブロック塀があり、そこから博多山笠の時に知られるお汐井浜に出ることができます。

 

 

余談ですが、お潮井浜は、干潮の時に行って岩をはぐると岩ガニが獲れます。

 

 

突き当たって右側を見ると、このようになっています。

 

 

イメージしていたよりも浅く、満潮近辺でしか釣りにならない釣り場です。

 

 


行けるところまで行ってみますと、かねふくの工場・直売店の裏の先には金網が張られており、東浜のガスタンクやストラクチャーがあるところには、行けないようになっています。(涙)

 

 

明太子のかねふくの工場・直売店裏の護岸のポイントと釣れる魚

 

明太子のかねふくの工場・直売店裏の護岸のポイントは、凡そ3か所です。

 

 

1つ目は、こちらの柵があるところ。

 

 

2つ目は、こちらの構造物があるところ。

 


1つ目と2つ目のポイントでは、脈釣りで、ウミタナゴ・メバル・クロなどが釣れます。

 

 

3つ目は、船がひっくりかえって沈んでそのままになっているところ。

 

 

このポイントでは前打ちで狙うよりも、夜にウキ釣りで狙うことで、メイタ〜チヌ、キビレ、セイゴ〜スズキが釣れます。

 

 

どのポイントで竿を出すにせよ、ここでの釣り方は、

・夜釣り
・潮位が高いとき

という条件が付きます。

 

 

日中に竿を出しても、あまり良い釣果には恵まれない釣り場だということです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

博多湾の今日の潮