多彩な魚が釣れる須崎埠頭東側受け波止

干潮時の見た目からソロバンと言われているポイントが多彩な魚が釣れる須崎埠頭東側受け波止です。

 

 

まずはこの場所を地図で確認してください。

ここは那珂川の河口から流れる潮と湾奥の淀んだ潮が交じり合うポイントで、あの手この手を尽くせば多種多様な釣りが出来ますし、多彩な魚が釣れるポイントでもあるところです。

 

 

基本的にはルアーマンが夕方から来て、波止沿いにルアーをトレースしていますが、ルアーのポイントとしてはここよりも先端部分の那珂川河口から福岡ボートの横の立ち入り禁止区域までの間からルアーを投げるほうが圧倒的似実績があるようです。

 

 

 

 

クロダイを狙う人からはその特殊な形状の為にソロバンと呼ばれているポイントです。

 

 

大きな穴がズラリとあって、満潮時にはかなりの轟音を立てて潮が出入りするポイントです。

 

経験上このポイントでは、上げの7分から提げの3分ぐらいは、クロダイを狙う場合は釣りになりません。
(変なポイントでしょう??)

 

 

出入りする潮の流れがあまりに強すぎて仕掛けも流されますし、際狙いには向いていません。

 

 

この時合いに竿を出すのであれば、波止から竿1本先以上をウキ釣りで狙うことをおススメします。

 

 

 

釣り場としては長すぎず、短すぎず、歩いてもヘトヘトになるほどの距離ではありません。

 

 

上げ潮の2分ぐらいからが狙い目のポイントで、際狙いには多彩な魚が釣れます。

 

 

 

 

 

 

 

博多湾の湾奥に潜む魚たちのオンパレードと言う感じで、もちろんエサを海底に這わせますと、ハゼはたくさん釣れますし、花見ガレイも散発的に釣れるポイントです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

大物のチヌが狙えるポイントと時季

 

ここは7月からお盆前後にかけて50センチクラスのチヌが狙えるポイントです。

 

 

日中は岩ガニがおススメで、狙うポイントは「西興」の看板があるところから河口に向かって20メートルの区間です。

 

 

 

夜釣りも「西興」の看板があるところの前付近が狙い目です。

 

 

立ち入り禁止の部分には入ってはいけません!!

 

 


(この部分は立ち入り禁止です)

 

 

以前この柵を乗り越えて釣りをしている方を見ましたが、とんでもないことです。

 

 

このような釣り人が続出すると、この辺一帯まで立ち入り禁止になる可能性があります。

 

 

釣りたい気持ちは分りますが、柵を乗り越えてまで釣りをしてはいけません。

 

 

スズキのポイント

 

以前この場所で90センチオーバーのスズキが釣れたポイントがここです。

 

 

 

いかにもメイタやセイゴが付きそうなポイントなのですが、大物のスズキを釣った方はこの場所でアジゴをエサに泳がせ釣りをしていました。

 

 

離れた場所でサビキ釣りをしてアジゴを確保し、ここで泳がせ釣りをしていました。

 

 

案外サビキ釣りでエサの確保をするのが面倒なんですが、やった方へのご褒美はでかいスズキだったと言うわけです。

 

 

面倒なことをあえてすることで大物が狙える可能性があるのだったら、やるべきではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

 

スポンサードリンク

管理者情報
博多湾の今日の潮など