ビッグワンもいるシーバスの穴場

今回ご紹介する宏和建設・福岡造船前護岸は、昔からウキ釣りでセイゴ〜スズキ、ルアーでシーバスを狙うファンがこっそりと竿を出していたポイントでした。

 

 

 

ごく一部の釣り人の間ではモンスター級のシーバスのバラシポイントとしても有名な釣り場です。^^;

 

 

福岡船溜まりでの位置確認はこちらを参照のこと。

 

 

福岡造船のドッグの手前には金網が張られていてその先は立ち入り禁止です。

(立ち入り禁止区域には入らないように!)

 

 

 

こちらのポイントがモンスター級のシーバスのバラシポイントとして有名なのは、護岸がオーバーハング状態になっているために、足元に大型のシーバスが逃げ込まれてラインブレイクをするからです。

 

 

 

更に、船と船の間をウキ釣りで狙っても、船を係留するロープに阻まれて思うようなやり取りが出来ぬままにラインブレイクすることが多々あります。

 

 

 

 

大物のスズキクラスがハリに掛かっても船底に潜られたり、ロープが張り巡らされている方向に走り出すと、実に厄介です。

 

 

 

 

この場所でウキ釣りでセイゴ〜スズキを狙う時は、磯竿は最低2号以上、4メートル前後の15号〜25号負荷ぐらいの投げ竿で、シーバスに主導権を与えない釣り方が必要です。

 

 

口で言うのは簡単ですが、シーバスの走り出す方向まではなかなかコントロールできませんから、どのポイントでハリに掛けてどのポイントで素早くタモで掬うかを予め勘案していないと、ロープが入り乱れた船底に潜られたり、足元のオーバーハングの中に潜り込まれてしまいます。(涙)

 

 

なので、このポイントでセイゴ〜スズキをウキ釣りで狙う時はハリスは最低3号以上、できれば5号ぐらいを使って強引に手前に寄せて速やかにタモで掬うことを考えないと大物を釣り上げることは出来ません。

 

 

セイゴ〜スズキは太いハリスを嫌いませんから、ナイロン系の銀鱗Zなどのハリスが使いやすいです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

護岸でシーバス以外に狙えるもの

 

 

 

こちらの宏和建設・福岡造船前護岸ではシーバスばかりではなく、秋口からのアジングでも有名なポイントです。

 

 

 

ポイントは遠くなく護岸のすぐ手前でも釣れます。^^;

 

 

 

晩秋の11月には20センチに迫るアジが釣れることもありますが、基本的には博多湾内では大型のアジは釣れませんので、アジゴサイズです。^^;

 

 

 

ここはヒイカも釣れるポイントです。

 

 

 

投げ釣りでは、セイゴ〜スズキ、ハゼが狙えますし、際狙いではメバル、タケノコメバル、メイタ、セイゴ〜スズキも狙えますが、メバルは近年激減しましたし、メイタも年によっては全く釣れない年もあります。

 

 

 

際狙いでは、季節にもよりますが25センチ程度のセイゴであればかなりの数が釣れます。

 

 

 

サビキ釣りでアジゴを釣って泳がせ釣りでスズキクラスを狙うのももちろん出来ます。

 

 

 

ルアーはラパラのCD11センチなどのミノーやプラグの実績が高く、ワームを使ったジグヘッドリグでは小型が多く狙えます。

 

 

 

足元を狙う時は、くれぐれもオーバーハングの中に潜り込まれない様な固めのロッドを使うのもコツです。

 

 

 

宏和建設・福岡造船前護岸前の番人

 

 

 

このポイントには番人のようなノラ猫ちゃんたちがいまして、魚が釣れると足元にすり寄ってきて魚を欲しがります。

 

 

 

 

ハリが付いたままの魚を地面でバタバタさせていると、ノラ猫ちゃんたちが勝手に咥えていくこともありますので、要注意です。

 

 

ビニールバケツに海水を汲んで魚を入れておくのも危ないです。

 

 

何匹か小さい魚をプレゼントすると、おとなしく釣らせてもらえます。(苦笑)

 

 

さすがに、スズキクラスのシーバスですと、遠くから眺めているだけで、食べろうとはしません。

 

 

猫ちゃんたちにおとなしくしてもらうためには、小魚を釣って賄賂を渡しておとなしくしてもらいましょう。

 

 

ただし、あまり魚をやり過ぎますと、次から次に新手の猫ちゃんたちが登場します!!

 

 

 

いったい全体何匹いるんだ?と思うほどの猫ちゃんたちがいますし、あなたが釣るのをみんなが期待するのでプレッシャーがかかりますバイ!(笑)

 

 

 

猫が好きで気にならない方には癒される釣り場ですが、猫が苦手な方にはうっとおしい釣り場です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

スポンサードリンク

管理者情報
博多湾の今日の潮など