自転車の困ったは、自転車出張修理専門店のサクラサイクル

通勤・通学に便利な自転車。

 

 

 

 

車やバイクほど駐車場所を気にせずに済みますし、なんと申しましてもガソリン代が掛からないだけではなく、排気ガスを出さないために、健康にも良いですし、エコですよね?

 

 

だからと云って、スマホをいじりながらの「ながらスマホ」は厳禁ですよ〜。

 

 

2019年から罰金等々も厳しくなります。

 

 

自転車と云って侮ってはいけないのが、猛スピードで相手にけがをさせたときは裁判例でも4000万円以上の支払いを命じる判決が既に下っています。

 

 

被害者の請求金額ではなく、実際に裁判所が被告に命じた金額が4000万円以上ですよ〜!

 

 

スケボーだろうが、ローラースケートだろうが、相手に事故を負わせれば、クルマやバイクと同じように過失傷害罪となり、民亊罰と刑事罰が下されることもあるということは、肝に銘じておいたほうが良いです。

 

 

話が横にそれましたが、自転車は安全に配慮すれば、便利な乗り物であることは間違いありません。

 

 

 

 

近場では、釣りにも乗って来る方がいますし、晴れた日のサイクリングは気持ちいいですよね?

 

 

それに、最近は電動自転車の出現で、若いママが後ろや前の座席にお子さんを乗せている姿をよく目に致します。

 

 

おかげで、原チャリがさっぱり売れなくなったんだそうです。^^;

 

 

スポンサーリンク

 

 

電動自転車でもパンクはする!

 

いかに性能が良くなって快適になったとは云え、自転車も機械である以上は、修理が必要なこともありますし、パンクももちろんします。

 

 

市営の駐輪場などに置いておいて、イザ乗ろうとしたらパンクしていた…などと云うことは、案外多いはずです。

 

 

私もこれまで、地下鉄の駅の横の無料駐輪場に自転車を止めて置いたら、帰りはタイヤがパンクしていたなどと云うことが度々ありました。

 

 

 

 

空気が抜けて、乗るのも漕ぐのも押して帰るのも大変ですよね?

 

 

しかも、近所に自転車屋さんがないときは、遠くまで自転車を押してパンク修理に行かないといけません。(涙)

 

 

ただ単に、タイヤのチューブの虫ゴムが劣化して空気が抜けていたなどと云うこともありますし、金属片を踏んでタイヤに亀裂が入っていたこともあります。

 

 

また古くなりますと、タイヤの側面に小さな亀裂が入り、どこから空気が漏れているのか分からないこともあります。

 

 

それだけではなく、ブレーキのワイヤーが切れただとか、ブレーキが利かなくなっただとか、乗っているとすぐにチェーンが外れるだとか、素人ではなかなか手に負えなくて困るときがあるはずです。

 

 

そんな時に役に立つのが、自宅まで来てくださりパンクや修理をしてくださるのが、自転車出張修理専門店です。

 

 

ご存知ですか?自転車出張修理専門店を?

 

 

実は、私は自転車出張修理専門店の存在を知らなかったんです。(涙)

 

 

福岡市内には数店舗自転車出張修理専門店がありますが、私がおすすめするのはこちらです。
サクラサイクル

 

 

福岡市東区、博多区、中央区、糟屋郡、古賀市、福津市を活動エリアとし、自転車の出張修理を行っています。

 

 

なぜ、数ある中で私がここの自転車出張修理専門店を薦めるのかと申しますと、オーナーの春田さんの人柄が良いからです。

 

 

 

 

実は、オーナーの春田さんとは、箱崎埠頭の釣り場(箱崎バナナ)で知り合いになったんです。(笑)

 

 

私も30年以上接客業をやってきましたので、喋り方や口調や顔の表情・しぐさ等々から、その方の性格を凡そ察することが出来ます。
(私でなくても、あなたでも、大体お分かりなはずです)^^;

 

 

温厚で、実直な方ですし、アイランドシティの釣り場も春田さんから教えていただいたんです。

 

 

釣り場でお会いしますと、何となくニンマリしてしまいます。

 

 

彼も釣り歴が長いようで、私なんぞよりも釣りは上手です。

 

 

自転車で、なにか困ったことがありましたら、サクラサイクルに電話するなり、メールすれば、きっと良い相談に乗って下さると思います。
サクラサイクル

 

 

サクラサイクルのコンセプトである、

サクラサイクルでは、自転車の「困ったの解決」と「もったいない」をコンセプトとしています。

まだ使える物は修理して使いましょう!


と云うのも大いに賛成です。

 

 

指定地域は、出張料はいらないみたいですから、サイトを確認して、修理できる自転車は修理して乗りましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

管理者情報
博多湾の今日の潮など