ファミリーフィッシングも単独釣行もできる博多湾

博多湾は夏休みから晩秋にかけては、サビキ釣りでアジゴを狙う釣り人が入れ替わり立ち代わりやってきます。

 

 

サビキ釣りでのアジゴ狙いは、どなたでも楽しめるファミリーフィッシングの代表格です。

 

 

 

秋口には、アジゴだけではなく、カタクチイワシやサッパ、コノシロ、木っ葉グロ、ボラ、ウミタナゴ、メバル、カワハギ、セイゴ、チャリコ、当歳メイタ、カマスやサヨリ・・なども登場するときがあります。

 

 

お子さんが魚の名前を覚えて、魚釣りに興味を持ってくれることは釣りバカ・釣りキチを自負する人でなくても嬉しくありませんか?

 

 

 

さらに、釣れたてのアジゴは、から揚げ南蛮漬けにすると最高に美味しく、手間がかかりますがアジゴ寿司を作ると釣りをしていて良かった!!と思うはずです。

 

 

秋の9月ぐらいからは、博多湾に流れ込む多々良川、御笠川、那珂川、室見川・・などの河口のチョイ投げ釣りや脈釣りでハゼがたくさん釣れます。

 

 

 

ハゼは簡単に釣れる魚ですし、ハンサムな顔立ちをした魚ではないから軽視される釣り人が多いのですが、刺身や洗いの旨さは抜群ですし、天ぷらも最高に美味しい魚の一つであると、私は思います。

 

 

トラフグ、オコゼ、アコウ、天然ビラメの縁側、秋口の40センチほどの脂の乗ったイシダイにも負けんぐらい美味しいぞ!!と、慎んで申し上げたい。

 

 

また、正月に食べる雑煮のダシも、博多では焼きアゴを使う方が多いのですが、ハゼを焼いて干し上げた焼きハゼも使う家庭もあり、驚くほど上品で美味しいものです。

 

 

これを買うとなると、値段も驚くほど高いのです。

 

 

自分で釣って作ることが出来ることも釣り人冥利に尽きます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

クロダイとスズキ釣りで有名な博多湾

 

年間を通じでセイゴ〜スズキが良く釣れることでも知られていますし、夏場から秋口にはメイタ〜チヌが良く釣れることでも知られています。

 

 

 

ところが、ある異変が起きてから博多湾は今現在すっかり様変わりいたしました。

 

 

それは2013年の夏に博多湾の異常海水温で多くの小魚やエサとなる生き物が大量に死んだことに由来します。

 

 

埠頭の水深6メートルの地点で海水温が30度を超えていたそうです。

 

 

キスやメバルがプカプカと浮いていました。

 

 

おかげで、魚の数が激減しました。

 

 

それまでの鉄板ポイントが、ほとんど意味を持たなくなる事態が起こったのです。

 

 

私は小学校に上がる前から博多湾で釣りをしていて、釣り歴が50年を超えますが、これほど釣れない博多湾に遭遇したのは初めてです。

 

 

まいりやしたぜっ!!(苦笑)

 

 

環境に順応できる釣り人が生き残れる!?

 

 

幼い頃より博多湾で釣りをしてきて本格的に釣りをし始めて久しいのですが、昔に比べると本当に魚の数も種類も釣れなくなりました。

 

 

激変したのが、人工島の埋め立て。

 

 

潮流が変わったのか、海水温の温暖化が始まったのかは不明瞭ですが、冬場に釣れていたカレイやアイナメは激減しました。

 

 

かっては博多湾はカレイ・アイナメの宝庫でもあったんです。(残念です!)

 

 

でも、いない魚いなくなった魚激減した魚ばかりを追いかけると心が疲弊します。

 

 

自然界は不思議なもので、主役がいなくなれば脇役が主役に躍り出てくる様な気がします。

 

 

釣れる魚を、釣れる時に、釣れるだけ釣る」というのもある意味釣りの奥義です。

 

 

だからと言って、釣り過ぎはよくありません。

 

 

魚種を固定するとストレスが溜まる様な気が致します。

 

 

「1場所、2エサ、3仕掛け」

 

 

釣りの格言の中に私自身の経験則からなるほど〜、尤もだよな〜と思えるのが「1場所、2エサ、3仕掛け」です。

 

 

腕や道具のことは言及されていません。^^;

 

 

あなたがある程度釣り歴があり、これまで多種多様な魚を釣ってこられて、しかも大物をたくさん釣った経験があればあるほど理解いただけるのではないでしょうか?

 

 

釣りで一番重要なことは「どこで何を釣るか?」と言うことに尽きるとも言えます。

 

 

あらゆる自然条件を勘案し、どこで竿を出すかによって釣果は歴然とした差がでます。

 

 

釣る時期や潮やポイントのクセを勘案してどこで竿を出すかで、おおよそ釣果の8割ぐらいは決まってしまう様な気がします。

 

 

それほど釣り場の選定は重要なのです。

 

 

蘇りつつある博多湾!!

 

 

博多湾から壊滅的に魚が少なくなった2014年〜2015年

 

 

ですが、今年に入り蘇りつつある博多湾の釣果報告がチラホラ出ています。

 

 

 

 

これまで博多湾内では絶滅の危機に瀕していたカレイアイナメがチラホラ釣れていましたし、私も釣りました。

 

 

 

昨年も、一昨年も姿を消したメバルタケノコメバルも姿を見せてくれました。

 

 

自然治癒とはまさにこのことです。

 

 

釣れなくなったことで私もこれまで釣りをしたことがないようなポイントにまで足を運ぶ次第となりましたが、このことで更に引き出しが増えました。

 

 

まさに人間万事塞翁が馬のような気分です。

 

 

釣り以前に自然の摂理を学びつつあります。

 

 

博多湾のことはたいてい知っていると思っていた浅薄な自分が少し進歩した様な気が致します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

>>>トップページに戻る>>>>トップページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

管理者情報
博多湾の今日の潮など